甲状腺腫瘍 〜診断と治療のアルゴリズム


診断と治療のアルゴリズム

作成委員会のコンセンサスに基づいて作成した。

甲状腺腫瘍は,その組織型によって管理方針が異なるので,乳頭癌,濾胞性腫瘍,髄様癌,未分化癌 のそれぞれについて診断・治療の流れを示した。

低分化癌については,現時点ではエビデンスが十分でなく,アルゴリズムを作成できない,との結論となった。

甲状腺腫瘍の診断と管理

※アルゴリズム図中のCQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

甲状腺腫瘍の診断と管理 CQ3 CQ1 CQ4 CQ5 CQ6 CQ7 CQ21 CQ8 CQ10 CQ11

甲状腺乳頭癌

※アルゴリズム図中のCQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

甲状腺乳頭癌 CQ16 CQ17 CQ18 CQ19 CQ20 CQ40 CQ41 CQ42 CQ49 CQ45 CQ46 CQ47 CQ48

甲状腺濾胞性腫瘍

※アルゴリズム図中のCQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

甲状腺濾胞性腫瘍 CQ22 CQ22 CQ23 CQ24 CQ40 CQ42 CQ49 CQ44 CQ50

甲状腺髄様癌

※アルゴリズム図中のCQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

甲状腺髄様癌 CQ26 CQ27 CQ28 CQ30 CQ27 CQ30 CQ51 CQ52

甲状腺未分化癌

※アルゴリズム図中のCQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

甲状腺未分化癌 CQ38 コラム11 CQ36 CQ37 CQ36 CQ38 コラム11