序文

がん薬物療法の進歩に伴い,がん患者の予後が改善し,抗がん化学療法や分子標的薬治療を受ける患者数が増加している。がん薬物療法の有害事象である腎毒性は有効ながん治療の遂行を妨げ,がん患者のQOL を低下させる。従ってがん薬物療法時における腎障害のマネジメントはOnco-nephrologyという新しい診療領域として,高い専門性と正確なエビデンスの構築が期待されている。しかし,これまで腎機能低下者へのがん薬物療法の投与設計や腎障害予防,および薬剤の腎毒性への対応は,伝承や経験則,治験情報に基づき臨床現場で行われてきたものの,そのエビデンスの確かさは定かではなかった。

この10 年間で,腎機能の評価にクレアチニン・クリアランスに代わり,eGFR が用いられるようになり,さらに慢性腎臓病(CKD)および急性腎障害(AKI)の病態やその危険因子が明らかになってきた。この臨床腎臓学の成果を抗がん薬物療法のマネジメントに応用し,エビデンスに基づく診療を行うことで,がん薬物療法の効果と,がん患者のQOL をさらに高めることを支援することが,本ガイドラインを作成した目的である。

本ガイドラインには,わが国のがん薬物療法と腎臓病学のエキスパートが集い,日常診療においてよく遭遇する重要性の高いクリニカル・クエスチョン(CQ)を選定した。最終的にこのガイドラインは,がん薬物療法における腎機能の評価と,がん薬物療法時の腎機能低下予防の2 章計16 のCQ より構成され,臨床判断を支援するエビデンスや現在の標準的な診療内容を明らかにした。一方,このガイドラインの作成に関わるうちに,がん薬物療法と腎障害についてのいくつかの臨床的な問題(evidence gap)が明らかになった。例えば 1)がん薬物療法と腎障害についての臨床研究がそもそも乏しい, 2)臨床治験の多くが現在もクレアチニン・クリアランスを腎機能評価に用いている, 3)eGFRとGFRの実測値とのかい離が大きい集団の腎機能評価, 4)薬剤投与量の体表面積補正は筋肉量が減少している高齢者,あるいは肥満者ではたして適切か,などのevidence gap があげられ,今後の研究がまたれるところである。

このガイドラインは「Minds 診療ガイドライン作成の手引き2014」に準拠し,Minds 診療ガイドライン作成支援ツール「GUIDE」を利用して作成された。アドバイザーとしてMinds より福井次矢,中山健夫両先生にご参加いただいた。両先生の御指導に深く感謝します。

また,このガイドラインの作成には,多くの若手医師によるシステマティックレビューチームが構造化抄録の作成に貢献していただいた。この場を借りて御礼申し上げます。

事務局を統括いただいた武藤 智先生,そして事務局の皆様に感謝申し上げます。

診療ガイドラインは日常臨床で活用されてはじめて意味を持つ。ご覧になられた皆様からのご批判やご提案を次の改訂に役立てることができれば幸甚である。

がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン作成委員会 委員長
順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学
堀江 重郎