制吐薬適正使用 〜制吐薬治療のダイアグラム

① 高度催吐性リスクの注射抗がん薬に対する制吐療法
→「制吐薬一覧」の注を参照

② 中等度催吐性リスクの注射抗がん薬に対する制吐療法
→CQ3参照 →CQ2

③ 軽度・最小度催吐性リスクの注射抗がん薬に対する制吐療法 用量は「制吐薬一覧」を参照

制吐薬治療のダイアグラム注釈

  • このダイアグラムは,制吐療法の一般的な全体像を示したものであるが,日常臨床では個々の症例に応じた柔軟な対応が望まれる。
  • 5-HT3 受容体拮抗薬の詳細に関してはCQ4を参照する。
  • 各薬剤の推奨用量をダイアグラム内に数値で示した。
  • デキサメタゾンは, は注射薬(リン酸デキサメタゾンナトリウム4mg/mL 中にデキサメタゾン3.3mg/mL を含有),は経口薬とし,一般的推奨用量と代替用量を参考値として( )内に表記した。また,経口投与が困難な場合は注射薬での投与を検討する。
  • デキサメタゾンの投与日数について,は状況に応じて投与の可否を選択できるものとする。